大隈会?発足

昨年3月より中小企業家同友会という中小企業の社長、幹部、後継者の集まりに参加させていただいています。

その中で経営指針確立成文化セミナーというものがありまして(一泊二日を3回行うセミナーです)、平たく言えば経営理念をつくり、経営方針、経営計画を立てて実践していこうという事を学んでいくセミナーです。

それを無事終了した同期の方が集まって第一回の会合と相成りました。天王寺の方で工作機械の商社をされている会社さんに集まりました。

昨年からの不況の嵐の中、生々しい話が飛び交う中、普段からきっちり利益を上げ、税金を払って内部留保を積んでいかねばこういう事態が起こった時の対応が厳しいという話が出ました。

ともすれば、節税と称して利益を操作して極力、会社の利益を低くされる会社さんが多い中、しっかり税金を払えば確かにお金は減りますが、安易な銀行借り入れで無駄な金利を払っていくより会社の健全なB/Sを構成していくことにつながると盛んにその社長さんは力説していました(税金VS金利)。

まだまだ皆さん経営指針書の完成には至っておりませんが、すぐに作成をしなければという危機感を共有できた会でした。

みなさん胃に穴が開くような思いで会社の舵取りをなさっているという本音で生の話はなかなか信頼関係がないとできませんが、そんな話ができることはセミナーを通じての出会いにただただ感謝です。

 

そのあとは場所を提供していただいた社長さん行きつけの飲み屋さんでバカ騒ぎと相成りました(ちゃんちゃん(^-^))。

Leave a Reply