キーワード「家族」

本日の日経のコラムに、この経済環境の中でも好調を維持しているディズニーランドと任天堂の話が書いてありました。

スタートから順調ではなかったこの2社ですが、目先の好不調にうろたえず躍進してきた共通点はいくつかあるようですが、キーワードは

「家族」

のようです。家族で安心して楽しめる機会を提供してきたことだと言います。

「個」の時代の経営戦略に挑戦し跳ねのけてきた形ですが、これからの時代も同じでいいはずはないと思います。その先に次の躍進が見え隠れします。

 

「家族」というキーワードで思い浮かべたのが、ある会社さんの経営理念です。

「家族に誇れる職場づくり」というものです。会社の理念と言えば、何かとお客様に対してのメッセージが多く見られます。しかし、その会社さんの理念は綺麗事を抜いての社員に向けてのものでした。

働いている社員さんが家族に誇れるような職場づくりを第一に掲げる。そこが大前提になければ、その会社から良いものは生まれないでしょう。

経営者としてハッとさせられます。

2 Comments

  1. 工場の蝶 より:

    社員の方1人1人が社長のコメントのような気持を持てれば、家族の方も安心して職場に送り出してあげることができますね。人生で一番長くいる場所が会社なので、こういう職場にすることこそ、経営者のするべきことなのかもしれません。やはり会社は人ですね。

  2. m2-p より:

    おっしゃる通り、その人の人生の一番多くを費やす時間は会社(仕事)ですね。
    そこが充実しなければ、人生の充実もないように思います。

    そんな素晴らしい職場を社員と築ければ、経営者として本望です。

Leave a Reply